システムプロパティを取得・設定する

3.0.2 2.13.6 2.12.15
最終更新:2021年9月11日

[AD] scalapediaでは記事作成ボランティアを募集しています

この記事では、システムプロパティを取得、あるいは設定する方法について解説します。

sys.propsメソッドを使ってシステムプロパティを取得・設定する

sys オブジェクトの props メソッドを使うと、システムプロパティを取得したり、設定したりすることができます。

Scala Standard Library:scala.sys#props

システムプロパティを取得する

取得したいキーのプロパティが空である場合には、props メソッドはnullを返します。

また、props.get メソッドを使うと、結果の値はOption型に包まれて返ってきます。 値を安全に扱うことができますので、get メソッドを使うことをおすすめします。

println(sys.props("get")) // applyメソッド println(sys.props.get("get"))

取得結果は以下のようになります。 プロパティが空であることがわかります。

null None

取得したいキーのプロパティが存在している場合には、 props メソッドはその値を返します。

println(sys.props("get")) println(sys.props.get("get"))

取得結果は以下のようになります。 プロパティに値が存在していることがわかります。

expected Some(expected)

システムプロパティを設定する

また、システムプロパティに値を設定することもできます。

システムプロパティに値を設定するには、propsメソッドで呼び出した値に対して設定したい文字列を代入します。

以下のサンプルコードでは、まずプロパティが空であることを確認します。 プロパティを設定したのち、プロパティに値が設定されたことを確認します。

println(sys.props.get("set")) sys.props("set") = "EXPECTED" println(sys.props.get("set"))

実行結果は以下のようになります。 操作した通りに値が設定されていることがわかります。

None Some(EXPECTED)

サイト内検索