LinuxにIntelliJ IDEAをインストールする(Ubuntu/CentOS)

2.13.3 2.12.12
最終更新:2020年5月19日

[AD] scalapediaでは記事作成ボランティアを募集しています

この記事ではIntelliJ IDEAをLinuxにインストールし、sbtのプロジェクトを実行するところまでを解説します。

IntelliJ IDEAをダウンロードする

こちらのリンクより、IntelliJ IDEAのパッケージをダウンロードします。
任意の場所に設置して、展開します。

展開すればインストール完了です。
ディレクトリの中のIntelliJ IDEAを起動してみましょう。

途中でScalaプラグインをインストールするかどうか聞かれるので、インストールするようにしましょう(デフォルトではインストールしない)。

動作確認をする

正常にインストールできたかどうかを確認します。
ターミナルで以下のコマンドを実行して、Scalaのプロジェクトを作成します。

shell script
sbt new scala/scala-seed.g8

プロジェクトの名前を聞かれますので、任意の名前を入力します。
ここではhelloworldと入力します。

shell script
name [Scala Seed Project]:

コマンドが完了すると、「helloworld」ディレクトリが生成されます。

ScalaプロジェクトをIntelliJ IDEAで開く(インポートする)

起動時の画面から「Open」をクリックします。
先ほど作成したプロジェクト「helloworld」のディレクトリを選択します。

Start IDEA

以下のインポート設定ダイアログが表示されますので、「OK」をクリックします。

Start IDEA

以下の上書き確認ダイアログが表示されます。
「OK」をクリックすると、プロジェクトが開きます。

Start IDEA

プログラムをsbtシェルで実行する

プロジェクトが開いたら、左下の「sbt shell」をクリックしてsbt shellを開きます。

Run sbt shell

sbt shellで、以下のように run com.example.HelloWorld を実行します。
以下のように、helloと表示されれば成功です。

[IJ]sbt:helloworld> run com.example.HelloWorld [info] Compiling 1 Scala source to .../helloworld/target/scala-2.13/classes ... [info] Done compiling. [info] running example.Hello com.example.HelloWorld hello [success] Total time: 2 s, completed Oct 16, 2019, 7:23:14 AM

(補足)Scala 3を使用するには

2020年4月現在、現在主流のScala 2系ではなくScala 3を使用したい場合には、IntelliJ IDEAを追加で設定する必要があります。
詳しくは以下の記事をご覧ください。

サイト内検索