Scala 3.0.0-M1がリリースされます

Scala 3 (Dotty 0.26.0-RC1)
最終更新:2020年9月19日

[AD] scalapediaでは記事作成ボランティアを募集しています

この記事では、Scala 3のマイルストーン版がリリースされる件について解説します。

ついにScala 3.0.0-M1がリリースされます

以下の記事にて、次期Scalaのプロトタイプとして開発中だったDottyが晴れてScala 3としてリリースされることが発表されました(原文は婉曲的でわかりにくいですが、要するにそういうことです)。

また、以下の記事にて、2020年10月1日にScala 3.0.0-M1がリリースされる予定であることが明らかにされました。

これを機に、ぜひ新しくなったScalaを使ってみてください。

Scala 3の始め方については、以下の記事をご覧ください(マイルストーン版にはまだ対応していないのでご注意ください)。

また、主にIDEやビルドツールなどのツールメンテナの方々は、今回のDottyのアップデートへの対応が必要となります。ご注意ください(後述)。

マイルストーン版とは

マイルストーン版とは、正式リリース前のテストを目的にリリースされるバージョンです。

Scalaでは、マイルストーン版を利用して周辺のライブラリのアップデートとテストが行われ、フィードバックをもとに不具合を洗い出して修正し、次のマイルストーン版へと反映します。

修正が済んだのち適当なタイミングでリリース候補(RC)版が出ます。そしてその後、最終的に正式版がリリースされます。

RC版も複数リリースされる可能性があります。

Dottyとは

DottyはScalaの次期バージョンのプロトタイプとしてのコードネームです。

かれこれ7年以上も研究開発が続けられていました。

2年前のこちらのScala公式ブログ記事にて、DottyがScala 3になるであろうことは明言されていました。

その後の動向は昨年末にアップデートされていました。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

そして、このたび、DottyがScala 3になることが確定したというわけです。

Scala 3.0.0-M1のリリースに伴い必要な対応

ここからは主にIDEやビルドツールなどのツールメンテナの方々で、Dottyを既に使用中の方向けの情報です。

今回マイルストーン版がリリースされることに伴い、組織名とアーティファクト名が変更されます。

現在の組織名はch.epfl.lampですが、Scala 2系と同じorg.scala-langへと変更されます。

また、現在のアーティファクト名はdotty-xxxですが、scala3-xxxとなります。

詳しくはDottyのブログ記事をご覧ください。

サイト内検索